【新卒入社・営業職・元水球部】山野目 祥之 インタビュー

夢を抱ける仕事ができる

山野目 祥之
メディア運営事業部   リーダー   入社年月:2013年4月入社

doubLeへの志望動機は何ですか?

物を売るだけの営業ではなく、お客様の収益をあげられるようなコンサルもできて、とにかくかっこいい営業マンになりたいと思っていました。
doubLeよりも先に商社と編集社の2社から内定をもらってたんですけど、かっこ良く成長できるのか、本当にやりたいことができるのかという不安や迷いがあったので就活を再開したところ、 給与は成果型、圧倒的スピード成長を強調していたdoubLeに出会いました。
実際に役員や代表と面談をして話を聞くと、同じ事を毎日ひたすらこなすわけではなく個人が責任を持って、自分が色々考えて仕事ができ、会社の成長を目の当たりにすることでスピード成長できるんだろうなと確信したので、内定をもらった瞬間に入社を決めました。
そして親父の年収を早く超えたいと思っている僕にはぴったりの会社だと思いました。

現在の業務内容を教えてください。

自社で運用している一括.jpというメディア販売をしています。
電話でアポイントを獲得し、実際に訪問して契約を決める、全国展開もしているサイトなので電話商談をすることも多々ありますし、顧客フォローも行います。
アポイント獲得の電話は正直キツいと思うこともあるけど、事業部みんなで掲げた夢があります。一括.jpをもっと大きなサイトにし、もっと数多くのお客様に喜んでもらいたいと。実際、お客様からお礼の電話をいくつも頂きます。お礼の連絡は毎回本当に嬉しいです。
それに、お客様が僕指名で新しいお客様を紹介頂いたりもいくつもあって。
こういう信頼関係をどんどんお客様と築いていけるよう毎日努めています。
自分が提供したサービスを使ってお客様に喜んでもらえると思うと目の前のキツさが吹っ飛ぶんですよね。

インターンの経験が役立ったことは?

学生でも、商談や顧客フォローを任せてくれるし、学生の僕にも社員と変わらない接し方をみんなしてくれたので、学生でも「doubLeの看板を背負っている」っていう責任感が持てました。
早くから基本的ビジネスマナーや商談、顧客フォローも全て教えてもらい実践できたので卒業後も不安はなかったのが大きかったですし、入社後即バリバリ仕事ができていたので自分の自信に大きく繋がっています。
僕の経験談ですけど、今から就活をする学生さんには、毎日の業務が具体的にどんなことなのか自分がやりたかった仕事なのかわかった上で会社を選んでほしいです。
その方が不安も少ないと思うし頑張れるし、夢を抱ける仕事ができると思うんですよね。

doubLeは仲間を絶賛募集中

募集職種を見る