ベンチャー企業に就職する5つのメリット!!

ベンチャー企業が注目を浴びている現代社会。
自由や活気を求めて、ベンチャー企業への就職を考える方は多いと思います。
また、大手企業から夢を求めてベンチャー企業へ転職をする方も多いです。
そこでベンチャー企業で働いている私が、ベンチャー企業に就職するメリットをご紹介いたします。

メリットその①即戦力として入社してすぐに本格的な仕事を与えてもらえる

少ない人数でやっているベンチャー企業も多いため、入社後には多くの仕事を任せられる場合もあります。そのため、その会社にとって必要な人材だということが入社してすぐに実感でき、本格的な仕事にもすぐに取り組むことができるメリットがあります。

メリットその②1人あたりの仕事量は多くなり、スキルが身につきやすい

大手企業とは違いベンチャーでは、「やることがなくてどうしたらいいかわからない」というような状況に置かれることはほぼないと言ってもいいでしょう。
その分1人1人に大きな役割が与えられ、責任も大きくなりますが、 その分1人1人のスキルアップはかなり早いです。

メリットその③裁量権がありやりがいにつながる

言われたことをただこなすだけではなく、1人1人のやり方を尊重してもらえるケースが多いです。
大手とは違い下からの意見を吸い上げていくボトムアップの形をとっているベンチャー企業も多いので、自分の意見が会社に反映されるなどやりがいを感じられます。

メリットその④自分の成果が会社の業績に即あらわれ、給料も上がり一体感とやりがいを感じられる

ベンチャー企業では多くがインセンティブ制度を多く導入しています。
それにより、業績が給料に直接反映されたり、会社全体の業績によってボーナスなども大きく左右される企業が多いため、会社との一体感を感じやすくやりがいを見出しやすいです。

メリットその⑤経営者などと距離が近く交流できる

少人数でやっているベンチャー企業も多いため、大手企業ではなかなか話す機会のない役職者や、社長などとの活発的な意見交換や交流がしやすい環境の企業が多いです。
そのため、将来独立や新規事業の立ち上げなどを考えている方には魅力的だと思います。

いかがでしょうか?

以上が実際にベンチャー企業で働いて感じたメリットになります。
スキルアップしたい、裁量権がほしい、インセンティブをモチベーションにしたい、将来独立したいなど考えている方にはかなり働きやすい環境の企業が多いと思います。
現在大手企業に勤めやりがいを見失っている方や、これから就職活動、転職活動をやられている方の参考になれば幸いです。

 

doubLeは仲間を絶賛募集中

募集職種を見る