【中途入社・営業職・とにかく仕事が細かい】七海 洋太 インタビュー

『株式会社doubLeって実際どうなの?』という求職者さんの疑問にお答えするべく、現役社員にインタビューを敢行しました!
このページでは【中途・営業・とにかく仕事が細かい】七海 洋太さんのインタビューを掲載しております。

七海 洋太

SEO対策事業部 リーダー 入社年月:2015年6月入社

社会人としてのスタートが遅れた自分が挽回できる可能性を感じた

前職ではスーツの仕事ではなく作業服を着てアルバイトというポジションで仕事をしていました。
自身の年齢と周囲の同世代が社会で活躍している姿を見てこのままでは確実に置いて行かれると思い
前職を辞め就職活動を開始しこの株式会社doubLeに出会い、本気で仕事に向き合っている人たちが集まっている
ことを面接で感じ、今までの遅れを取り戻せることを確信しこの会社に入社を決めました。

多岐にわたる業務で成長のチャンスがそこら中にある!

前職との違いは「数字に対する意識」。
ただ目の前にあることだけを行うだけではなく、数字を常に意識し「達成する」という強いこだわりがあります。
ただ数字だけにこだわるだけではなく、顧客対応、後輩の指導等を任せてくれるので
成長のチャンスはそこら中にあると日々感じています。

しっかりと見てくれている

仕事をする中で、数字に対する意識が強く、その数字を達成するためには厳しい指導も時々見受けられるし
自分も厳しく指導されることもあった。
だが、それは上司が部下に対し「達成してほしい」という想いがありそれを厳しさの中にも感じる。
そして、しっかりと自分たちを含め、全員のことを上司たちは見てくれているのはdoubLeの最大の魅力だと思う。

仕事以外の話も大切に

チームを作る上で、コミュニケーションが一番大切だと思っています。
徹底した指導をするときもあれば、厳しくしなければいけないことも時にあります。
でも、仕事を終えたあとやランチタイムは仕事以外の話も自らしていきます。
相手にも心を開いてもらうためにも。
なので、後輩や部下は僕の育ってきた環境や家族、恋人、趣味とかけっこう詳しいです。

遅れを挽回できたと感じる・・

社会人としてスタートしたのが遅かった僕は、正直必死でした。
大変なことキツいこともたくさんありましたが、今ではその遅れを取り戻しつつあると確信しています。
結果を出せるようになり役職にも就くことができました。
これからは、今までの経験を活かし、後輩の育成に活かしていきたいですし
自分も更に上を目指していきたいです。

doubLeは仲間を絶賛募集中

募集職種を見る