【新卒入社・人事総務・管理部の若きリーダー】宮崎 萌 インタビュー

『株式会社doubLeって実際どうなの?』という求職者さんの疑問にお答えするべく、現役社員にインタビューを敢行しました!
このページでは【新卒・事務・若きリーダー】宮崎 萌さんのインタビューを掲載しております。

宮崎 萌

管理部 リーダー 入社年月:2015年4月

「本気」になれない仕事はしていて意味がない

doubLeの魅力は、全員が本気で仕事をしていることだとです。
「自分が稼ぐために」「部下が売れる営業マンになるために」「会社のために」
誰一人力を抜かず、仕事に真剣に向き合っていること。
ただ毎日決められた業務を行うのではなく、結果を残すために全員がそれぞれの目標に向かって
日々真剣に取り組み、時には部署関係なくアドバイスをし合っている。

そんな環境の中で自分も「本気」になれる、それがdoubLeという会社です。

部署の垣根を超えたツナガリが温かい

doubLeに入社して最初に感じたことは、
部署関係なく、たくさんの方々が自分を支えてくれて
一緒に成長してくれる温かい会社だと感じました。

入社時は自分に何ができるのかと、心細くなっていたこともありましたが、
他部署の方々が明るく話しかけ続けてくれたことは今でもとても感謝しています。
自分も新入社員が入社したときは、この人が温かい気持ちになるように
声をかけることを心掛けています。

一人一人がそれを意識してこれから会社が大きくなったとしても
温かい会社であり続けたいと思っています。

今の環境で満足することは、自分の成長を止めてしまう

バリバリ仕事をして、かっこいい社会人になりたかった。
かっこいい社会人って、自分が思う暮らしができていろんな人から頼られる存在
じゃないかなとなんとなく理想像を作っていました。

自分が思うかっこいい社会人になるためにはどうしたらいいか、、、
能力的にも社会人として未完成過ぎるのでまずは、今の環境で満足することをやめ、
自分から仕事を取りに行く姿勢を作り、自分の理想(夢)に近づけるよう
日々努力の毎日です。

もっと会社を大きくしていきたい

仕事で人事をしていていつも思うことは、もっと会社を大きくしていきたいということ。
採用は会社の成長に大きく関係しているので、採用が成功すれば今後会社が大き
くなるその一手に加わった気持ちになれます。

いまdoubLeは、5年以内に従業員数100名を目指している会社です。
その大きな力になれるように私も日々本気で仕事に向き合っています。

目の前のことにいっぱいいっぱいになった時は、空気のいれかえをすること

初めての仕事、社会人、初めての会社、新人は初めてのことだらけだと思います。
目の前のことにいっぱいいっぱいになってしまう気持ち、すごくわかります。
そんなときは、一回自分の中の空気を入れ替えてみて、周りの景色をみてみてください。

空気を入れ替えることで、何か改善方法が見えてくるかもしれないですし、
自分でうまく空気がぬけないとき、doubLeの社員は我こそは!という感じで
空気を抜きに来てくれる人がたくさんいます。
「人に頼ること」を学べる会社です。

 

doubLeは仲間を絶賛募集中

募集職種を見る