営業部、最年少部長、村田 博嗣氏のインタビューをご紹介いたします。

誰よりも早く、成長するために…

田 博嗣 インタビュー
営業部  部長  入社年月:2011年4月入社

新卒で入社し約5年、20代で事業部の部長を務めるまで

振り返ってみれば、あっという間に過ぎた5年間でした。
大学での生活に比べるとdoubLeでの5年間はとても短く感じます。
何の知識も経験も、実力もない24歳の私が新卒で入社した時は、
ビジネスマンとして誰よりも早い成長スピードを求めて、強烈な危機感と
共に営業の仕事をしていました。
そうしたら、1年余りの期間で"リーダー"という役職になり、
後輩も入ってきて、自分がこなす仕事の内容も量も、
目紛しく変わっていき、気がつけば後輩も頼もしく成長し、
私も部長になっていました(笑)
今後も自身と会社の成長に向けて、立ち止まる気は全くありません。

doubLeで働く魅力

大きく分けて、2点あると考えています。
1つは、成果に応じて際限なく報酬や裁量を得られるという環境です。
doubLeでは成果を明確に評価するというシンプルな人事システムがあるため、自分が努力して出した成果が自らに跳ね返ってきます。

もう1つは、フラットに話せて、団結力がある、前向きな人間関係がある点です。
どうしても成果主義で競争意識のある職場だと個人主義になりがちで、
一匹狼の人が多いのでは、、、と思われがちだと思うのですが、
doubLeはそうではありません。
皆ライバルである一方、仲間でもあるという、一見相反するようではありますが、切磋琢磨する上で理想的な人間関係が築けていると思います。

就活生へのメッセージ

doubLeは変化が激しく、成長性の高いインターネット産業に身を置き、20代の若い社員を中心に奮闘している会社です。
皆さんは未だ若いと思いますが、doubLeでは若くして組織を牽引していけるような幹部候補を常に求めています。
今は40名弱の体制ですが、これから入社される皆さんは、自分の力で組織が100人にも200人にも拡大し、
目紛しく環境が変化するのを目の当たりにすることでしょう。
そうした環境を魅力的に思って頂けるのなら、夢があり、覚悟があるのなら、是非とも当社の門戸を叩いてみてください。