【社員インタビュー】doubLeで一番仲のいいチームにぶっちゃけトークしてもらいました!!


≪まず初めに3人の入社のきっかけは何ですか?≫

山)doubLeに入ったきっかけは、前職で事務をやっていて、営業をやりたかったからです。

そうなんですね

山)人材紹介会社にとにかくお金の稼げる、高卒でも入れる会社を紹介してほしいって頼んだらdoubLeともう一つの会社を紹介してくれました。
2社とも内定をもらって、受付のお姉さんが可愛かったのでdoubLeにしました!(笑)
長島はどう?(笑)なんでdoubLeに入社したの?

長)はい!おはようございます!

全員)(笑)

山)意識高め(笑)

長)(笑) doubLeに入社したきっかけは…そうですね、早く莫大に稼げそうだったからです。

山)他にも「稼げる」って言われている会社っていろいろあると思うんだけど、その中でdoubLeを選んだ理由はあったりしたの?

長)実は俺、2社しか受けてなくてそっちももちろん良いなって思っていたんですけど、とにかく早く働きたかったので、早く内定をもらえて今すぐにでも働けるdoubLeにしました。

山)なるほどね~~、じゃあ、エツマル(大木)は?(笑)

大)エツマルの場合~…(笑)
はい(笑)今まで個人であまり評価されなかったんですね。
自分がやったから正当な評価がほしいと思っていて、それまで勤めていたところって自分がやって「あのチーム良いね!」だけで終わっちゃう。
それで人材紹介会社に個人でもっと評価してくれて、それに付随して給与面もどんどん上がっていくところないですか?って紹介してもらいました。

もちろんdoubLe以外にもたくさん紹介していただきましたし、面接に行ったりしたんですけど、その中で、面接官がすごく印象に残って。「なんかすごいのいるな」って。
まあ、今の自分の上司にあたるんですけど(笑)
正直、面接の段階でキツそうだなとは思っていましたが、ここなら自分の能力や営業のスキルとか0からどんどん磨いていけるかなって感じたからです。
評価をしてもらえる、且つ自分自身が成長できるというイメージができたからということですね!

ありがとうございます。
では、≪みなさん実際にdoubLeに入社してみて「ココの部分は他の会社に負けない!」と感じる部分はありますか?≫

山)僕の場合は、入社して1年で給料が7万円くらい上がったんですね。
というのと、それに応じて、すぐに部下をつけてくれました。
そういった昇給の可能性と個人に委ねる責任や裁量権の大きさは他の会社には負けないんじゃないかなって思いますね。
要は、自分の人生のステップアップを考えたときに、給与面だけではなく、部下をつけてくれたりその先のマネジメント部分の成長もサポートしてくれる会社だなと思います。

大)僕の場合、入って思ったのは、もちろん営業って個人の力がとても大切で、その個人の力を伸ばすために自分の上司が特に声をかけてくれることが多いとは思うんです。
だけどdoubLeって自分の部下とか上司、チームに関わらず「最近調子どうなの?」とか、利害関係がなく声をかけてくれたり、フォローしてくれてるような雰囲気があるところですね。
もちろん厳しい実力主義の中で個人の成長を大切にしているけど、困ったことがあれば相談したり、フォローしてくれるような人がいるところはいいなって思います。

山)誰が1番フォローしてくれるの?(笑)

大)え…(笑)それは、もちろん自分の上長である山口さんじゃないですか?(笑)

長)山口さん、言わせたかっただけですか(笑)

山)え!(笑)そうだよ!!!(笑)

全員)(笑)

大)でも実際山口さんは、『問題が起きた後』というより『起きそう』っていう段階でフォローしてくれて、救われることはすごく多いですね。

山)そっか、ありがとうございます。(照)長島は?

長)僕の場合は、そうですね。doubLeが負けないところ、、ウォーターサーバーの減り具合ですかね(笑)

山)確かになくなるの早いね(笑)

長)いや(笑)実際ウォーターサーバーの減りだったら負けません!?(笑)

はい。そうですね(笑)
doubLeが他の会社に負けないところは、社員全体のモチベーションが高いところですかね。

山)具体的なエピソードある?

長) 実はさっきのウォーターサーバーの話に繋がるんですけど、水がなくなるということは、みんな喉の渇きが速い、声を出しているということだと思うんです。
声を出しているということは営業に必要な荷電量がすごいっていうことだと。

山)ウォーターサーバーの話があっているかはわからないけど、確かに荷電量はすごいね!!

長)ですよね!!本当にすごいと思います!!

続いて、doubLeの営業部にもいろいろなチームがあると思うのですが、≪山口さんチームは、どんな雰囲気なんですか?≫

山)僕のチームには「明るく、楽しく、元気よく」というスローガンがあります。
やっぱり営業って辛い仕事ではあるから、その分「仕事をする」っていうものが辛いものというのは認めざるおえないんですね。

だからこそ、人生の3分の1を占める仕事の時間を楽しいって思えることってすごく幸せに近いと思うんです。
だから、2人には辛いことはたくさんあるけど、意識的に「明るく、楽しく、元気よく」というのを持ってもらって、お互いに支え合って頑張っていきたいなという意味合いで伝えています。
あとは、営業って雰囲気って大切だと思っていて、「明るく、楽しく、元気よく」やっていると素敵なお客さんと巡りあえる気がするんです。
これは迷信的かもしれませんが、自分が今まで営業をやってきて、そんな気がしているので大切にしています。

2人はどうですか?

大)一言で言えば「自由」ですかね。
というのも、山口さんからの指示を待ってというよりも、「これはどう思う?」って聞かれて「じゃあ、自分はこう思うのでこうやります!」って考えて動ける、自分で課題をどんどん改善できる力というのは長けているんじゃないかなと思います。

山)なるほどね。長島は?

長)チームってイメージ的にはピラミッド型のイメージがあると思うんですけど、俺らのチームではそうではなくて、チーム全体の結果も大事にしているけど、みんなライバルですね。
だから、1人1人がいい意味ですごい強い。
「リーダーがいて、手下」ではなくて、同じ土俵で戦っているという感じです。

≪メディア事業部に配属されたことで成長したことはありますか?≫

山)道を歩いていて、仕事に役立てそうなことをメモするようになったかな(笑)
あと、広告全般に関しての興味関心、知識が上がりました。

長)確かにそれはありますね。自分もメディア事業部っていろんな業界と関われるので、必然的にあらゆる業界に対してのマーケティングに関心は上がりましたね。
あとは、「結果にコミット」ですかね。
自分が言ったこと、言われたことに関して確実にコミットさせる意識は格段に上がったと思います。
簡単に言えば、自分の言葉や行動に責任を持つということですかね。
「100%絶対にやり遂げなきゃダメだ」という意識を持てるようになりました。

大)人と話すときに、会話術、交渉術やコミュニケーション能力が上がりました。
今までは、思ったことを直接言ってしまったりしたんですけど、相手の考えていることや相手と自分のメリットを気にするようになりました。

長)あとは、身なりはすごく変わりましたね。
相手から自分がどう見られているのか、どうしたらイケてるのかとか!

山)うんうん。営業マンって見た目もすごい大事だよね。

doubLeのメディア事業部だからこそできることはありますか?

山)カテゴリーの立案が自分でできる。
要するに新しいサービスを自分で考えて、自分で予算も計算して、許可をもらって新しい立案ができるということですね。
これがしかも1年以内に経験できるってすごいと思います。
だから将来起業したいとか、世に残るものを作りたいと考えている人にとっては、メディア事業部としてという前提はあるけど、入社半年で新しいサービスを作れることってなかなかないことだと思います。

大)あとは、僕と長島って、入社して1年経っていないんですけど、これから入る新人の教育方針とか、そんな経験もない奴に任せたりしないと思うんですよ。
だって、俺らの決定1つで新人が成長しないっていうリスクもあるのにその上で任せてくれることってすごいと思います。

山)それは、メディア事業部というかdoubLeのの良さだよね!!

長)あとは、会社の利益を出すために会社の予算を使える。
どういうふうに動かせば利益を出せるのか自分で考えて、広告を運用をして利益を出せる。
そういう意味では、会社を運営するということに近いかもしれない。もちろん、そんな簡単な話ではないけど、
どうやったら利益がでるのか、そのためにどうしたら良いのか1人1人が考えられる機会がありますね。

大)うんうん、それは確かにメディア事業部ならではだよね。

山)大変だけどその分楽しいし。

ありがとうございます。
最後に、今後の目標、将来の夢を教えてください。

長)僕は年収3000万円です。

大)僕は、人として、営業マンとして、いろんな人から尊敬された上で
「あの人すげえな」ってだけではなくて、慕われる存在になりたいです。

山)個人的な目標としては僕と接するお客さんや上司、部下など、関わったすべての人に「出会えてよかったな」って思ってもらうことです。
チームとしては、doubLeを引っ張ていけるチームになりたいです。
数字の面はもちろんですが、チームの雰囲気を大切にして会社の人気者にしたいです!
会社としての目標は、売上はもちろんですが、これから社員数が増えていくことを踏まえて、より働きやすい環境を現場目線で作っていきたいです。

ありがとうございます。
本日はお忙しいところありがとうございました!

これからどんどん新しい新人の社員も入って
どんなふうに山口さんのチームがdoubLeに影響を与えてくれるのか楽しみですね!
これからも山口さんチームに期待しています(‘◇’)ゞ

doubLeは仲間を絶賛募集中

募集職種を見る